下げ札・タグ|株式会社 東京オフ印刷

TOP > 商品ガイド > 下げ札・タグ

下げ札・タグ

ブランド力を高める下げ札

タグの例

商品のブランディングアップツールである下げ札。当社は長年の経験を活かし、その加工技術や豊富な素材で商品の個性を引き出すお手伝いが出来ます。試作品作りやサンプル作りが上手くいくよう、またクライアント様へのご提案や展示会など、様々な場面で成果を上げるために大切な商品の付加価値が更にアップするご提案をさせていただきます。スタンダードな加工の場合、印刷して断裁・穴あけまで「早い・安い・安全」をモットーに製造しています。UV印刷のメリットであるパウダーレスで印字作業のトラブルを軽減させて印刷しています。通常4日~7日で納品させていただきます。またミシン目や糸付け加工も当社で作業を行いますのでお気軽にご相談ください。

商品の例

ヴィンテージ下げ札

●ヴィンテージ下げ札

あえて古びているように仕上げた下げ札。デザインはヴィンテージ風でも下げ札はもちろん新品です。当社ではこのようなアンティークなブランドコンセプトに合わせた下げ札を作ることが可能です。下げ札の上部の穴もハトメを打つことでさらなる高級感を出すことが出来ます。このヴィンテージ加工は一つ一つがアッセンブリ部による手作業となり、同じものが二つとない物を作成出来ることも魅力の一つです。また紙の厚さ・紐の変更によって幅広い表現が出来ますのでお気軽にご相談ください。

シール下げ札(2Wayタイプ)

●シール下げ札(2Wayタイプ)

本来すぐに捨てられてしまう下げ札にシール機能を持たせ、二次利用を実現した商品です。キャラクターやロゴなどのブランド視覚期限を伸ばす効果があり、再利用という面でエコイメージにも繋がります。当社にはシール紙の様々な加工ノウハウがありますので、是非お気軽にご相談ください。

異素材挟み込み下げ札

●異素材挟み込み下げ札

数種類の異なる素材をサンドイッチ状にハトメでとめた下げ札です。表材にはスペシャリティーズペーパー(ヘアライン)紙を使用しサイバー感ある未来型下げ札に仕上げました。メタリックヘアラインを使用した事により金属をくり抜いたような表現になり、中材には赤色の「タント」を使用することで、色・立体感が際立った作りになっています。紙・ハトメ・糸の組み合わせによって無限の表現が可能となり、この方法で合紙無しでも厚紙以上の厚さの表現が可能となります。

このような機械で制作しています。

穿孔機(せんこうき/4連穴あけ機)

穿孔機(せんこうき/4連穴あけ機)


下げ札に穴をあける機械です。当社には2台の穴あけ機があり1台は4連で穴をあけ、もう一台は一つ穴をあける機械です。製産コストを考え数量が多い時は4連を使い、小ロットの際は1穴機で対応することで各コストを抑えることが出来ます。品質はどちらも変わらず、共に最高の精度で穴をあけることが出来ます。
ミシン・筋押し機

ミシン・筋押し機


下げ札や二つ折りカードにミシン目や筋を押す機械です。表半ミシン・裏半ミシン・全ミシンという加工方法があり、ピッチを変えることでミシン選択が可能になります。また二つ折りのDMなどにも使うことが出来ますので低コストで製造が可能になります。
断裁機

断裁機


仕上がり寸法に紙を切る機械です。刃の切れ味が悪いと断裁面がギザギザになったり紙粉が出たりと商品を汚してしまいますが、当社では品質を保つために定期的な刃の交換を欠かしません。仕上がりの良さにはご好評を頂いております。
角丸機(2連式)

角丸機(2連式)


下げ札の角を丸く加工する機械です。一度に2箇所丸加工が出来るため納期やコスト削減に貢献出来ます。布製品やデリケートな素材に付属する下げ札は角を丸くすることで商品の傷つきや穴あきを防ぐことが出来ます。

PAGE TOP